じじいの備忘録


by jijiimax
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公開処刑

今日は、職場で剣道っぽいものの大会があった。
周りは、年中その練習をしている猛者。

大会的には、割と本気の大会。
そんな、大会に出場しろと命令が下ったのは、先週の火曜日。仕事の関係上、一切の練習は出来ない。

実に、7年ぶりに面を着ける。眼鏡がないと見えないので、面の中に眼鏡をするという変わった状態になる。久しぶりの面は痛い。

去る、7年前に、初めてその競技を練習した。案外、わしに合っていたのか、結構上手かった。諸事情により、半年もやらずに終わり、今に至る。



「お前、出来るの?」


同情の眼で、周りはわしを見る。


先週から、イメージトレーニングを欠かさずやってきた。今更強くはならない。センスでいくさ!わしの、秘められたポテンシャルを十分に発揮すれば、無様な試合にはなるまい。

下手して、全勝でもしたら、これまた仕事中に練習させられて、仕事が更に出来なくなる。
(その心配はしなくて良かった)

1試合目
いきなり、教官(その競技の先生)と…。

うっひょ~。

はじめっ!のかけ声に、わしの血が踊る!怒濤の攻撃!相手の剣を待つことなく、打ち込み続ける。

色々な付け焼き刃の技を駆使しするも、全く効果がない。壁を相手にしているようだ。
一瞬の隙をつかれ(恐らくいつでも可能だと思う)、大波の様な剣がわしに突き刺さる。


いっぽん!


豪快な負けっぷりだ!


その、試合の反響は凄かった。ただの生け贄とかしたわしが、案外あがいた。

「上手いじゃないっすか!」
「あんな、素早く動けるわしを見るのは初めて」
「別人かと思った」
「何をやらせてもできるな!」

歯の浮くような、ほめ言葉がわしを襲う。案外気持ちいい!

その後も、2試合、3試合…4試合と進む。


結局、


オール 1本負け!


で終わる。


恐らく、オール1本負けは、わしだけだろう…。
仕方ない。周りは、毎日練習してんだから…。

例えるなら、
小学生がメジャーリーグに参加するくらい
わんぱく相撲のチャンピョンが、大相撲に参加するくらい
格闘素人のわしが、K1に出場するくらい

周りから見れば、わしは、同情しかないのだ。罰ゲームとも思える。公開処刑の気分だ。
素人同然のわしは、場違い甚だしい。

負けはしたが、全て自分の出せる技を出し尽くし、迷いもなく一気に行けた。それだけで、満足だ。怪我もなく終われたのが良かった。


その後、残業をしようとするも、あまりの疲労に体が動かず…寝る…。あ~!


明日からは、本業のマラソンの練習が始まる。常に、全力を出さないわしの性格からすると、将来は見えている。


本日のトレーニング
1Kmを6分で5Km
不思議な筋トレ(左下のライフログのコアビリティトレーニングです
[PR]
by jijiimax | 2005-10-11 22:32 | じじいの怒り