じじいの備忘録


by jijiimax
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

広島帰省(名古屋駅の格闘)

今年の夏は、嫁さんの実家に帰省することになった。

今回は、わしの仕事の都合で別々に帰る。
公共交通機関嫌いのわし。

一人で新幹線に乗るのは初めてなのだ。


どきどきする。


もちろん自由席


まだ見ぬ自由席を獲得すべく朝4時起床
始発の電車に乗り、名古屋の新幹線改札口に並ぶ。

名古屋の新幹線口のゲートは6時に開く。
(もちろん今回知った)

前から10人ほどの位置。

好位置ではないのか?


このまま改札口を通過し、あの階段を駆け上がり
自由席の1~3号車の位置まで走る!

無駄に鍛えてきたかいがあるというものだ。


昔から、緊張すると、う○こがしたくなるタチである。

こんな時までこの呪縛に縛られるのか!


5時55分という微妙な時間になり
それはさらに襲う。


我慢じゃ


我慢じゃ…わし。



自分との格闘中、とうとうゲートが開いた。


他のゲートは軽快に開き、次々に挑戦者を受け入れる。
わしのゲートはどうだ!

何じゃ??

×??


あほ!何をトラブッとるんじゃ!


周りのゲートは、さらに軽快に受け入れる!


わしがゲートを通過した時には、かなりの人が通過していた。



2人分の着替えの入ったスーツケースを振り回し
全力疾走!


そりゃそりゃ!
どけどけぇぃ!


お前らとは排気量が違うんじゃ!


明らかに場違いな疾走
しかし、調子が良いのはここまで…。


1~3号車は、新幹線の先頭に位置する。

新幹線口には、当然何箇所かあった!


やられた!

なんだ?お前ら!近道は卑怯だ!


違う入り口からは、
偶然見つけた蜂の巣に
キンチョールを吹き付けたかのごとく人が溢れ出てくる。


わしが自由席の位置に来たときには、物凄いことになっていた。


これは、始発は無理だ!

わしの蝉並みのスーパーコンピューターがはじき出す。
左に並べ!


左のがらすきの列に並ぶことにした。


ここは、「のぞみ」ではなく「ひかり」
約40分待つ。

ここからは、始発の新幹線の壮絶な状態が良く見えた。

あぁ、少し遅らせてもこっちでよかった。



その後、2番手に新幹線に乗り
好位置の席をゲットした。


ナイス!わし!
d0037176_23225185.jpg

[PR]
by jijiimax | 2007-08-20 23:22 | じじいの小言