じじいの備忘録


by jijiimax
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高級

ある時、某回転寿司へ行った時のこと



おもむろに置いてある「たれ」に眼がゆく




d0037176_22233220.jpg




高級



高級?


いかに添加物の入ったタレでも、
「低級」と書かれるよりは良い。


しかし、最高級とまで言う図々しさは無い。



今後、社内会議で
最高級で行きましょうととなり、
しかし、何が最高級なんだ?とくだらない会議がなされることを
期待しつつ今日が過ぎる。




今日、あるデパートで鮮魚コーナーに行った。


サンマでも買おうと思い、一尾100円のサンマを
挟む器具を使いビニールに入れる。


それと同時期に、セレブなおばさまが
「サンマも良いわね!」と、近づいてきた。


特別意識する訳ではないが、人には空間の縄張りというものがある。

セレブは、それを無視し
自分の価値観のみで、図々しくビニールを取り器具を手に持つ。


サンマは氷で冷やしてある。


セレブは、器具の使い方が下手なのか
サンマが滑り、うまくビニールに入れることが出来なかった。



その時、セレブが発した言葉!




このサンマ

活きが良いわね!




死んでるよ。おばさん…。
セレブの冗談を、冗談に受け入れることが出来ないくらいに
わしの心は荒廃しているようだ…。
[PR]
by jijiimax | 2007-11-05 22:42 | じじいと街ネタ