じじいの備忘録


by jijiimax
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大丈夫か?わし…

わしは毎月給料日辺りに床屋に行っている。


18日が給料日なのだが、本日は6日。


鏡を見ても、髪の毛はそんなに伸びていない。




むぅ。




そう言えば、先月はいつ行ったっけ??



むぅ…



思い出せん!



なんと言うことだ!



先月の床屋の日も忘れてしまった。



これも、前回の切りすぎにある。



いつも通りのアバウトな注文の仕方で
髪の毛を切ってもらったら、
高校生のスポーツ刈りの様な髪型にされた。



今回は、いつもの人だ!


安心して注文した。

しかし、このような安定しない髪型を恐れたわしは、
この髪型にしてもらえるように聞いてみた。

サイドは、5ミリで刈り上げて、
トップは4Cmで多めにすいて!

次からは、これでいこうと思う。


実にくだらない悩みを抱えつつ今日も過ぎる。
[PR]
by jijiimax | 2007-06-06 22:29 | じじいの怒り

葛飾北斎展

名古屋駅のJR高島屋で、葛飾北斎展があった。


上司に招待券を頂いたので行くことになった。



葛飾北斎



詳しくは分からんが、版画を描いた人だと言うことは分かる。
富嶽三十六景を見られるという、良い機会であった。


しかも、実際に刷り師が来て
版画を刷るところも見られた。


「富嶽三十六景の神奈川沖浪裏」である。


刷り師は、淡々と作業を進める。



江戸時代、大量に出版刷るために発達した技術。


刷り師



そこに、人間性は必要ない。


ただ、淡々と。
ただ黙々と。



見覚えのある作品ができあがった。




実際に見た感想としては、
やはり、版画は版画だ。

肉筆画と違い、そこに感情は無い。


葛飾北斎も、肉筆画があった。
それは、何とも言えない
独特の雰囲気があった。


今、名古屋は
伊藤若中展

ダリ展


が、催されている。


これも、何かの縁なのだろう。



偉人たちのパワーを、吸収したいと思う。




思わず塗り絵を買ってしまった。「富嶽三十六景の神奈川沖浪裏」
d0037176_21294362.jpg

[PR]
by jijiimax | 2007-06-05 21:30 | じじいと匠