2005年 07月 23日 ( 2 )

富士登山競走…それから

頭がくらくらの8合目。頭痛がする頭に気合いを入れながら下山することにした。
8月に彼女さんと富士山に御来光を拝みに来る予定。そのために、ぶつぶつと独り言を言いながら、必要な装備を考えた。

周りの登山客は、結構良い装備をしている。立派な登山靴、荷物を入れるパック。ストック等。以前富士登山をした時に、山頂でテントを張ってくつろいでいる人たちを見た。次回は、そうしたいと思っていた。

しかし、富士山は、メジャーな山なので、結構色々な登山客が居る。

普通のデートの服装で散歩かと思うようなカップル。(荷物無し)
近所にお菓子を買いに来たかと思うような兄弟(親は何処へ?)

結構ふざけた気持ちで来る人も居るんだなと、しみじみ思いながらも、自分の格好を見て、まぁそれもありかと思い直す。(どんな格好でも何とか登れます。)

富士登山競走も無事に終わり、本日の宿の沼津に向けて出発した。
(去年は、下道で直ぐに帰った。今回は気まぐれでホテルをとって良かったとしみじみ思った。)

わしの車は、日産。車の名前はあえて書かないが、平成10年頃に販売され、5年も経たないうちに製造中止…。不人気車である。ベースはサニーのために、流用するパーツはあり、エンジンも熟成されていて絶好調。現在17万Km近くになったが、わしのように息切れはしない。

体中が痛いのに、車の運転はきつい。しかもミッション。クラッチを踏むたびにふくらはぎが悲鳴をあげる。

そんな中、馬刺しが食べたいと思い、山崎精肉店に寄る。仕事で、富士に行った時には必ず寄る。芸能人も結構来ているようだ。


店の外観

d0037176_8593393.jpg



店の向かいにある駐車場

d0037176_903884.jpg


これを見るたびに、買うのをやめようかと思う。


その後、温泉へ。


あぁ~ぁ~~


生きている!


くぅ~ きもちえぇ~



こう言う時に、生きている喜びを覚える。



その後、沼津のホテルに着き、ビールに馬刺し。(完走してないのにすみません)
横になってテレビを見ていたら知らないうちに寝ていた。

4時半に携帯のアラームが鳴り、昨日という日が終わったことを実感した。



今年も終わったぁ~
[PR]
by jijiimax | 2005-07-23 22:47 | じじいの小言

果てしなく遠い完走

富士登山競走

無事完走!



どれだけこの文字を書きたかったことか…。
実際は、

8合目で時間切れ

である。全ての皆様。すみません。この、根性無しをどうにかしてください。



一応、朝からの大会の経緯を、来年のためにアップすることにした。

5時30分 富士は快晴。富士山は結構曇っていた

d0037176_7472145.jpg



走る準備をし、7時5分頃から並ぶ

d0037176_7481323.jpg



今回は、だいぶ前に出た!



7時30分、スタート!しかし、実際にスタートラインを通過したのは3分後であった。3分という事は、先頭は600mは軽く行っている。この3分は、かなり重くなってくる。


8Km地点 中の茶屋
40分 (1Kmを5分できている。この調子なら完走間違いない)

それから
馬返しまでの間、3.5Km。道の斜度が一気に上がる。斜度については、イオンの階段に、少し毛が生えたくらい。わしの汗腺は絶好調!滝のように汗が流れ出る。

11Km 馬返し地点 
1時間9分 (この地点で完走ぎりぎり。スタートの3分が無ければ!問題をすり替えようとするわし)


馬返し地点を過ぎると、5合目までは山道。この地点辺りから、ふくらはぎに違和感が…。そういえば、昨日、漫画喫茶のマッサージ器で、気持ちよくて何回もやったわし。起きた時も違和感があった。もみ返しだ!なんて事だ!去年は楽々な所なのに。


5合目 
2時間16分(8合目の関門ぎりぎりのタイム)

5合目(給水、応援が本当にありがたい)
d0037176_873329.jpg



5合目から、一般的な富士登山のコースに入る

d0037176_883974.jpg



この辺りから、軽くめまいが…。呼吸の調子は絶好調なのだが、昔、ストレスでおきた不整脈が復活する。(健康な人でも不整脈はいます。わしの場合、脈が飛んだ時にわかる。脈が飛んだあとの体力消費は凄い)

7合目にはいる。ここからは岩場

d0037176_8132662.jpg


3点支持?4点支持?赤ちゃんのハイハイの姿勢が一番楽だ。頭もくらくらしてくるので、立っているとバランスをとるのが結構大変。後ろに倒れたら、絶対に痛い。

この地点で、とうとう明らかな異変が生じる
腕のしびれ(よく考えたら熱中症かも…)
腰の痛み(昨日の空中浮遊による)

散々である。ハイハイをしようとすれば、手に力が入らず、腰が痛く、足を上に上げられない。(この辺りから、こりゃやばいと思い始める)

この後も、不整脈のオンパレードに、手のしびれ、腰の痛み。さらに、極めつけとして、高山病のメインディッシュが待っていた。満身創痍(まんしんそうい)とは、この事か!血の汗が出てきそうなくらいにキツイ。

8合目
とうとう、頂上を見ることもなく、時間切れ…悔しくて男泣き!


8合目を12時に出発
5合目に富士吉田市役所までのバスがあるんだが、それが14時まで。(2時間以内に降りないといけない)

前回は、時間内完走は無理であったが、とりあえず頂上まで行けた。体調も良かったのか、下りも絶好調。今回は、一歩一歩降りるのすらキツイ。山は、登りより下りがキツイ。筋肉的にも、そうだ。筋肉は、伸びながら損傷を受けてくる。おまけに、腰が痛く、高山病。

何度となく、休憩をし、なんとか5合目に着き、バスに乗ることができた。


来年のわしのために、ここにアドバイスを書くことにする
1:山用のトレーニングをする(階段の上り下り。実際に山に行く3回くらいは。)
2.下半身の筋肉を、鍛える。
3.マッサージ器は前日はしない。
4.ホテルは、富士吉田市にする。
5.空中浮遊はしない。

来年は、出られるか分からないが、次回は職場の上司と出る予定(その人は完走実績あり)
半月ほど前に、わしの大切な友人が亡くなった。今年は、その友人の為に走った。すまん。友よ。来年こそ完走してみせるから、その時ついてきてくれ!

来年こそは…と、思い、高山病の後遺症か熱中症か分からないが苦しみつつホテルで就寝。


最後になりましたが、今回、応援してくださった皆様、応援の甲斐無く無様にリタイヤしてすみませんでした。しかし、途中意識が朦朧としながら、皆様の力が十分に届きました。ブログにリタイヤなんて、今更書けないぞ!と…。今年の悔しさを、来年生かしたいと思います。本当に応援ありがとうございました。


自衛隊が強い富士登山駅伝は8月7日(日)(16時くらいから録画放送があるはず)
[PR]
by jijiimax | 2005-07-23 08:44 | じじいの肉体小言